地方都市の受験事情|英語を徹底的に覚えたいなら予備校選びが大切|受験対策には必要

地方都市の受験事情

筆記用具

受験を目指す家庭が増加

中学受験というと、東京近郊だけで盛んなイメージがあるかもしれませんが、最近は関西圏の中学受験熱も盛んになっています。大阪だけでなく、岡山の小学生も中学受験を目指すケースが少なくありません。県内の私立中学校だけでなく、広島や神戸や大阪など近所の有名私立中学校を目標として勉強を頑張っているケースもあります。そんな中学受験ですが、多くの学校は、国語算数社会理科の4科目です。少子化の影響で昔に比べて受験が易しくなったと誤解している人もいます。しかし、大学受験に比べるとそれほど楽になっていないのが現状です。しっかりとしたビジョンと覚悟をもって受験勉強を始めないと、厳しい結果に終わってしまう可能性が高いと言えます。

勉強をする意味

岡山県内にも中学受験用の塾はたくさんあります。全国的に有名な大手チェーン塾から個人塾まで色々です。それでも東京や大阪に比べれば、岡山県はまだ学習塾は少ないので、中には家庭教師の先生に勉強を見てもらう家庭もあります。中学受験の勉強をするのは小学校4年から6年生までなので、習い事との両立に悩む年齢です。特に岡山県は他県に比べてもスポーツが盛んです。しかし、私立中学に入学すれば、高校受験の心配をすることなく、大学受験の勉強ができます。また、スポーツや趣味の時間に充てることも可能です。小学校高学年の多感な時期に、1度は勉強を頑張って目標とする中学校を受験する経験をすることは、その後の人生で必ず役に立ちます。