編入を見据えた入試対策|英語を徹底的に覚えたいなら予備校選びが大切|受験対策には必要

編入を見据えた入試対策

大学生

大学までの知識の必要性

4年制大学の入試は一般的にセンター試験や難易度の高い記述式の試験であることがほとんどですが、短大はそれに比べて比較的易しく、少ない科目の試験であることが多いです。しかし、実際には短大の入試対策も4年制大学と同じレベルで力を入れる必要があるということを知っておく必要があります。短大へ入学した学生の特徴として、そのほとんどが4年制大学へ編入するということが挙げられ、編入では別途専門科目の試験が必要です。他の大学と同じように短大の入試では英語が必須なことが多いですが、編入試験においても英語の試験が課されるケースは多く、大学入試よりさらに高度な知識と応用力が必要となります。また、歴史など基礎的な教養が求められることもよくあり、大学入試で身につけた知識を編入試験に繋げられるように受験勉強をしっかりすることが大切です。

基礎的な知識を獲得しよう

短大から4年制大学への編入は大学3年次への入学となりますが、一般的には4年制大学では2年次までが教養科目と基礎的な専門科目、3年時以降からは高度な専門科目を学習・研究していきます。そのため、編入試験では入学を希望する学部の分野の基礎的な力を身につけておくことが肝要だと言えます。編入試験で重要な位置を占める英語では、短大入試の段階では特に語彙力を磨きながら簡単な作文能力を身につけておくことが大切です。マーク式や選択式が多い短大入試ですが、受験勉強の際は積極的に英文を書く練習をしておきましょう。多くの短大では編入対策の授業があり、基礎的な知識を身につけている前提で発展的な問題への対応力を身につけます。以上のように、短大を目指す方は知識を積み上げることに重点を置き、編入試験にその知識を活かすことを意識しながら受験勉強に取り組む工夫が大切です。